伊丹自動車エコへの取り組み バイオディーゼル燃料と電気自動車利用

配食油のリサイクルでストップ地球温暖化!地球にやさしいバイオディーゼル燃料(BDF)
BDF(Bio Diesel Fuel)とは)
化石燃料である軽油の代替燃料といて、天ぷら油などの廃食油を精製したディーゼルエンジン用燃料のことです。 BDFは、菜種油など食物性由来の資源なので、自然の中で繰り返し得られる再生可能なエネルギーです。また、BDFを使用した時に発生するCO2はゼロカウントと見なされ、ディーゼルスモッグや硫黄酸化物の少ない、人と地球にやさしいクリーンエネルギーです。
配食油のリサイクル
レストランやホテル、食品(米菓など)工場をはじめ、一般家庭から出る使用済みの食用油(天ぷら油)を集め、精製プラントにてBDFに精製リサイクルすることをいいます。廃食油のリサイクルを通して、循環型社会を構築し地球温暖化防止に向けた新たな取り組みです。

越後ながおかバイオマス地域協議会とは
長岡市とホテルなど廃食油の原料供給者と、BDFの精製ブラントの運営と回収システムを担う(株)伊丹自動車などが中心となって設立されました。当協議会は、農林水産省が採択するモデル地域のひとつに認定され、BDFの利用促進や啓発を行っております。
BDFはすぐれもの!
人に優しい、地球にやさしい、環境にやさしい、車にやさしい、ふところにやさしい
長岡菜の花プロジェクトとは
BDF利用を実現するバックボーンとなる仕組みと取り組みが、「ながおか菜の花プロジェクト」です。地域で出来ることは自分たちで考え行動し、住民参加の活動を通じて資源の再生と再利用を促す考え方です。
その初めの一歩となるのが菜の花で、休耕田や転作田に栽培されたものを利用します。菜の花は、観光資源や環境学習、養蜂などに、また菜種油は家庭や学校給食、飲食店などで利用。搾った油かすは飼料や肥料として有効活用し、家庭や飲食店などから出る廃食油は回収されて、石けんやBDFにリサイクルされ、再び地域で利用されます。

ながおか菜の花プロジェクト
伊丹自動車は、威厳あるバイオマスマークの使用許可をBDF部門において日本で初めて認定されました。
バイオマスとは生物由来の資源のことです。
日本の優れた技術はバイオマスから従来の石油系プラスチックに代わる様々な製品を作り出しています。生物由来ですので環境負担も小さくなります。バイオマスを利用活用し、品質及び安全性も良好であることを認定した環境配慮商品の目印。それが「バイオマーク」です。
廃食油の回収にご協力ください。
 市役所 各支所 栃尾クリーンセンター 環境衛生センター
 中之島資源物保管庫 栃尾金町車庫 川崎コミセン分館
 宮内コミセン 宮内コミセン分館 大関コミセン
(株)伊丹自動車でも受け付けております。

Copyright©2011 Itami Motor All Rights Reserved.